はなもこの想い

【2020】今年もよろしくお願いいたします

早いもので、1月ももう8日目。

インスタグラムで仲良くさせていただいているみなさんには二度目の挨拶となりますが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

このペースで今年もあっという間に過ぎていくんだろうなぁと思ったら、やりたいことは我慢せずどんどんチャレンジしておきたいですね。

そんな私も、今後の目標がどんどん明確になりつつあります。

 

なぜか今年に入ってから思考がめちゃくちゃ冴えていて、気づけばいろんなことを自然と思い描いている。

アイディアもどんどん浮かんでくるし、今の私に必要な情報が知りたいそのタイミングでスッと入ってくる。

いい流れに乗り始めたのかな?と思ったりしています。

 

前回のブログにもチラッと書いたのですが、いつか小さな小さなペットフードのお店を開くのが目標です。

本格的なビジネスというよりは、趣味の延長線上。

そこで少人数制(定員2~3人)の教室を開いたり、フード選びに困っている飼い主さんのお手伝いができたらいいなと。

相談したい人が気軽に相談できて、犬猫の食事について楽しく考えられる環境をつくりたいですね。

 

あと、犬や猫の食事について真面目に考えることが犬と猫の幸せにもつながるということを、この地域の人たちにも広めていきたいなと思いました。

食事についてちゃんと勉強して自分で考える習慣が身につくと、愛犬愛猫の気持ちにもっと寄り添うことができるんですよ。

言葉で表しきれないときに、愛を象徴してくれるのが食べ物です。

アラン・D・ウォルフェルト

こんな名言があるように、与える食べ物は愛を表すこともあるわけです。

 

ただご飯を与えればいいではなく、

この子たちは何を求めているのかな?

この子たちの生態や体質に合った食事はどんなのかな?

と飼い主が愛情を持って考える。

すると、今まで知ることができなかった愛犬や愛猫の新しい発見に出会うこともできます。

 

最近はネット上に根拠のないランキングサイトやそれを批判するブログも多く存在し、一見正しそうなサイトやブログでも嘘の情報が多く紛れ込んでいます。

ネットを頼りにし過ぎない、あるいはそういったサイトやブログでフード選びをしないようにすることも、飼い主としては心得ておきたい重要なポイントです。

 

私の場合は、真面目に考える飼い主さんだけにちゃんとアドバイスしたいので、敢えてブログには犬猫の食事について書かないようにしています。

変な人に付きまとわれたり、情報を盗まれるのも嫌ですしね。

 

そんなこんなで、今年最初のブログは食事についてちょっと語ってしまいましたが、今後もどうぞよろしくお願いいたします。